現行Radikool開発終了のお知らせ

現在発生しておりますcpu及びメモリ消費が増大する現象につきまして、残念ながら原因の特定には至らず修正不能と判断しました。
恐らくWebBrowserコントロールだと思いますが、確証はありません。

本件含めてWindowsアップデート、セキュリティソフト、スリープからの復帰(電源管理)と、安定稼働の為のハードルが高く、Windows上で稼働させることに限界を感じた為、現行のRadikoolの開発は終了することにしました。

安定稼働を優先させる為、次期バージョンではLinuxをメインとし、Windowsを準サポート扱いにします。
一番のネックはスリープからの復帰と考えており、常に起動しているLinuxサーバであればその点を考慮する必要がないのが理由です。

具体的には.NET Coreでサーバサイドのシステムとして稼働し、普段お使いのブラウザで操作するようにします。
.NET Coreを採用した理由は、Linux、Mac、Windows全てで動作するからです。
同様にクロスプラットフォームのElectronも検討しておりましたが、開発コストの点から使い慣れたC#の方が有利な為不採用としました。

Linux、Mac向けにはdockerで、Windows向けにはzipでの配布を予定しており、極力導入のハードルを下げるつもりです。
Linuxを対象とすることで、Raspberry Piやvpsで稼働させることもできるようになります。
特にvpsに設置した場合、屋外からスマホなどで操作できるようになる為、利便性が向上すると考えています。

また、準サポートとはいえ、windowsに関しては、タスクトレイアイコンやスリープからの復帰など現行機能の内、必要と思われる機能を実装した起動用のアプリを同梱し、基本的には稼働できるようにします。

ただし、しばらく別件でRadikoolの開発にあまり時間が割けない為、次期バージョンのテストリリースは来年5月前後になる予定です。
本日RadikoolEL0.2.0をリリースしましたので、Radikoolが動作しなくなった場合は、しばらくの間そちらをお使いいただければ幸いです。
なお、RadikoolELのメンテナンスは行っていきます。




Radikool4.8.3 20170927版テストリリース

test_radikool4.8.3.zip

変更点

  • らじる★らじる録音時、頻繁に切断される事象への対応

今月頭かららじる★らじるの配信方法が変わりHLSとなりました。
m3u8およびtsファイルへのアクセスにおいて403エラーが発生しているようです。
ffmpegのみでHLSを録音する場合、403エラーが発生するとプロセスが終了するようで、これが切断の原因でした。
そこで、HlsDump.exeという自作アプリで、m3u8及びtsの取得を自前で行うようにし、取得データをffmpegの標準入力にリダイレクトするように変更しました。

本テスト版ではHlsDumpの動作ログを出力するようにしております。もし、403エラー以外のメッセージが表示されている場合はご連絡いただければ幸いです。
ログはlibsフォルダ内に作成され、error.logにはエラーが、info.logには起動時刻と引数が記録されます。
※正式版ではログ出力は行いません

また、HlsDump導入に伴い、予約時の調整(秒)のデフォルト値を開始0秒、終了30秒に変更しました。
調整(秒)の値が妥当かの検証もご協力いただければ幸いです。


Radikool4.8.0 20170807版テストリリース

test_radikool4.8.0.zip

新機能

  • 録音終了時に任意のコマンドを実行できるように

仕様としては、設定したコマンドを一旦一時フォルダのend_option.batに書き込み、その後end_option.batを実行します。
ひとまず、置換文字列として録音ファイルのフルパスを用意していますが、その他必要なものがあれば、この記事にコメントをお願いします。

変更点

  • ユーザー定義放送局にOTTAVAを追加しました

RadikoolELテストリリース

タイムフリーに特化したRadikoolELをテストリリースします。
RadikoolEL0.1.0

現行Radikoolに関して、各ユーザーの環境によるところもあるかもしれませんが、常駐機能での問題が多く見られます。
であればいっそのこと、常駐をやめて放送後にタイムフリーでダウンロードする形式にすれば、不具合も減るのではないか、という発想の下、開発をしました。
ひとまず最低限の機能のみ実装しています。
ご要望、ご意見などを参考に完成度を高めていきます。

また、従来のRadikoolとは違い、electron製なのでWindows、Mac、Linuxで動作します。
ただし、Mac Appの開発作法など調査すべき点がある為、しばらくはWindows版のみのリリースとします。

なお、RadikoolELはオープンソースとして開発しています。
https://github.com/ez-design/RadikoolEL
developブランチで開発しています。
readmeの整備などはおいおい行なっていきます。

簡単な使い方

番組の保存方法

番組表をクリックし、「保存」ボタンをクリックしてください。
なお、放送終了していない番組は保存できません

radikoプレミアム

設定タブの「ログイン」ボタンをクリックし、表示されたradikoプレミアムのログインフォームでログインしてください


Radikool4.6.1 20170526版テストリリース

test_radikool4.6.1.zip
リモート名を解決できませんでした。: ‘radiko.jp’の件に関して、エラーを出さないようにするだけでは、上手くいかないようなので、4.5.3での処理に戻します。
これに伴い、以前からご連絡いただいていた、勝手にIEでradiko.jpが開かれるという現象が起こるかもしれませんが、スリープ解除後にradikoプレミアムログインが出来ないことよりは軽微な問題と考え、戻すことにしました。

変更点

  • radikoプレミアムログイン関連を4.5.3の方式に戻す
  • 番組表取得時、放送局、開始時刻、終了時刻が重複する場合、一つ目のデータのみ取得するように
    ※TBSの2017/05/26の番組表XML内で同じ番組データが4つ重複していたので、削除するようにしました

Radikool4.6.1 20170520版テストリリース

test_radikool4.6.1.zip
スリープ関連で、リモート名を解決できませんでした。: ‘radiko.jp’のエラー調査のためテスト版をリリース致します。
radikoプレミアムログイン確認時に、該当エラーが起こっているようです。
下記、不具合修正の5番目の対応でエラーレポートを開かないようにしましたが、radikoプレミアムログイン失敗というログを記録するようにしています。
4.6.0でこの不具合が発生する方は恐らくエラーログが残ると思いますが、それでも正常に動作するか確認いただければ幸いです。

不具合修正

  • スケジュール予約が予約終了後に削除される不具合を修正
  • キーワード予約の対象からListenRadioが抜けている不具合を修正
  • 0〜5時の間にらじる★らじる番組表を取得した際エラーになる不具合を修正
  • 更新チェック時、例外エラーを発生させないように
  • radikoプレミアムログイン確認時、例外エラーを発生させないように

変更点

  • らじる★らじる番組表取得時、番組名、説明文中の全角英数字を半角にするように
  • JCBA、CSRAの放送局で、同名の放送局がListenRadioが存在する場合削除するように
    ※放送局名での完全一致なので、ListeRadioと多少表記が違う場合削除されません



スポンサーリンク